ウェットキャットフードの選び方とおすすめランキング

キャットフード ウェット

 

ウェットタイプのキャットフードの選び方

 

当ページでは、ウェットタイプのキャットフードについてお話していきます。ウェットタイプにはどのような魅力がるのかわかっていただけるでしょう。ぜひご参考にしてみてください。

 

ウェットタイプのキャットフードとは

 

最近人気になってきているウェットタイプのキャットフード。水分が75%を占めています。

 

猫は本来砂漠で生まれた動物なので、水分をとらなくても生きていけます。そのため、猫は自分からあまり水分摂取しようとしませんが、そのせいで腎機能が低下しやすく、尿路結石にかかりやすいです。

 

これを防ぐためにも、ウェットタイプのキャットフードが活躍してくれます。その名の通りウェットなので、ドライフードとは反対に水分を含んでいるので、水分不足になるのを防いでくれます。

 

ウェットタイプのキャットフードは、猫にとって餌になる他、水分供給源にもなるのですね!勿論これだけでは水分は足りませんが、横に別に水分を置いておく事で、より多く水分をとる事ができます。脱水症状も防げます。

 

無理やり猫に水を飲ませようとしたところでなかなか飲んでくれないですが、ウェットタイプのキャットフードを与える事によって自然と水分摂取してもらえるので効率的でしょう。

 

ウェットタイプのキャットフードを選ぶとこんなに利点がたくさん!

 

猫に与えるキャットフードは、猫の健康に大きく影響してきます。そのため、含まれている成分にも注目して選んでいかなければなりません。

 

特に成長段階である子供の猫でしたら、栄養価を考えてキャットフードを選びたいところですよね。ウェットタイプのキャットフードは、ドライタイプよりも圧倒的に味が美味しいと言われています。そのため、猫の食いつきもよくなるでしょう。

 

といっても、食べ過ぎて肥満になってしまったら困ります。しかしウェットタイプのキャットフードならダイエット効果もあるので、ドライフードを選ぶよりウェットタイプの方が太りにくいのです!しかも無添加で消化に良いところも嬉しいですね。

 

ウェットタイプのキャットフードのメリット

 

ドライフードもいいけれど、最近ウェットタイプのキャットフードを選ぶ人も増えてきています。どのようなメリットがあるから選ばれているのでしょうか?ウェットタイプのキャットフードについての解説に加え、ウェットタイプならはのメリットについてご説明していきましょう。

 

そもそもウェットタイプのキャットフードって何?

 

猫の餌の中にはドライフードと呼ばれるものがありますが、この反対がウェットフードとなります。食欲不振の猫ちゃんでも、水分が多いので食べやすく、お腹に優しいので安心して食べられるでしょう。

 

ウェットタイプのキャットフードのメリットについて

 

・一緒に水分も摂取できる
・消化しやすい成分で作られている
・栄養を吸収しやすい

 

猫ちゃんの体調が優れない時でも、ウェットタイプのキャットフードなら消化が良くて栄養も吸収しやすいので与えられます。体調不良の時こそ消化に良く、体に優しい餌が必要であり、このために改良されたのがウェットタイプのキャットフードなのです。

 

ドライフードが乾燥したタイプなのに対し、ウェットフードは水分をたくさん含んでいるので、餌を食べながらも水分を補う事ができるのも魅力ですね。といっても、ウェットフードだけの水分ではさすがに足りないので、餌の隣にも水を置いてあげましょう。

 

無添加の餌を選んであげよう

 

キャットフードを選ぶ時には、できれば添加物フリーのものを選んであげましょう。添加物と言えば、酸化防止剤や防腐剤、香料などですが、これらの人工的物質が入っているのと入っていないのとでは、猫ちゃんの健康状態も大きく変わってきます。当然、無添加に越した事はありませんよね!少し価格は高くなるかもしれませんが、それだけの価値はあるでしょう。

 

キャットフードのウェットとドライの違いは?

 

キャットフードには、ドライタイプとウェットタイプがあります。しかし今一つこの二つの違いがよくわからないという飼い主さんもいるでしょう。そこで今回は、わかりやすく二つの違いを解説していくので、ぜひここで区別つけられるようにしてくださいね!

 

今話題のウェットタイプのキャットフード、その特徴って?

 

ウェットタイプは75%以上が水でできています。肉や魚の香りや味も濃いので、猫がより「おいしい!」と感じられるタイプのキャットフードです。ドライフードよりも食べやすいでしょう。

 

水分も豊富に含んでいるので、食欲不振の猫にもおすすめです。ただし食いつきが良い半面、味が濃いので口臭や歯石がつきやすい可能性があります。また、価格もドライフードよりも高めです。開けたら冷凍保存しておくのがいいでしょう。

 

<ウェットタイプのメリット>

 

・香り豊か
・食欲増進
・食いつきがよくなる
・おいしい
・水分も摂取できる

 

<ウェットタイプのデメリット>

 

・歯石がつきやすい
・口臭がつきやすい
・高い

 

ドライタイプ

 

水分量はウェットタイプよりはるかに少なく、10%以下で乾燥させているので、開けてもしっかり管理しておけば長期保存しやいです。価格もウェットタイプよりリーズナブルでしょう。

 

カリッとした食感が楽しめますが、しっかり噛まなければいけないので、猫のあごの筋肉を鍛える事ができ、歯石もつきにくくする事ができます。ただしウェットに比べると当然水分はほとんど含まれていないので、水分は別にたっぷりとらなければなりません。

 

<ドライタイプのメリット>

 

・保存がきく
・価格が安い
・あごが鍛えられる
・歯石がつきにくい

 

<ドライタイプのデメリット>

 

・水分が少ない

 

ウェットタイプのキャットフードの与え方

 

ウェットタイプのキャットフードを買ってみたのはいいものの、正しい与え方が今一つわからないという方も多いでしょう。ここでは、猫にウェットタイプの餌をあげる時のポイントについてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

ウェットタイプに肉や魚も付け足してみる

 

ウェットタイプのキャットフードだけで食べさせるのもいいのですが、お肉や魚もトッピングしてみると尚良いです。トッピングする時は、具を細かくみじん切りして、ウェットタイプのキャットフードに、少しずつ混ぜていきます。

 

最初はほんの一つまみくらいでいいですが、少しずつ量を増やしていきましょう。トッピングに使える材料は、以下ご参考にしてください。

 

・レバー
・肉
・魚
・ゆでたまご
・チーズ

 

猫ちゃんの好みに応じて、種類豊富なトッピングにしてみると、猫も飽きずに毎回おいしく食べてくれるでしょう。生の魚を刺身として出すのでも問題ありません。ただし猫が食べさせるべきでない食材は避けましょう。例えば以下のような食材です。

 

・アボカド
・にら
・玉ねぎ
・ねぎ
・ぶどう
・チョコレート
・レーズン

 

猫に与えると貧血を起こす事や吐いてしまう恐れがあるので気をつけましょうね。

 

ウェットタイプの中にも種類がある!

 

ウェットタイプのキャットフードをあげる時は、猫ちゃんの好みに応じてウェットタイプの種類も考えてあげましょう。

 

ウェットタイプのキャットフードといっても、一種類だけでなく、

 

・フレークタイプ
・パテタイプ
・スープタイプ

 

などに分かれています。タイプによってとろみが全然違ってきます。どれが一番というのは言えないので、猫ちゃんが一番好きな形状を選んで与えてあげるといいです。

 

ウェットタイプのキャットフードを使ったおすすめレシピ

 

愛猫が食欲不振になっていると、飼い主さんは不安になってしまいますよね…!キャットフードが口に合わないのか、それとも体調が優れないのか…。

 

単純に食欲が落ちているという事もあり得ますが、毎日同じキャットフードばかりだと、体調が悪くなかったとしても、猫は飽きてしまい、口をつけたがらない事があります。これは猫に限らず、人間も同じですよね。3食毎回同じ食事で飽きない人の方が少ないのではないでしょうか?

 

猫ちゃんだって、どんなにおいしてくも毎回同じキャットフードだと飽きてしまいます。猫に毎日喜んでキャットフードを食べてもらうためにも、工夫しましょう。

 

今回ご紹介するのは、おうちで簡単に作れる手作りアレンジ法です。ウェットタイプのキャットフードとちょっとした材料一つでできてしまうので気軽に試せるでしょう。

 

ウェットタイプ+かつおぶしで食欲アップを狙う!

 

ウェットタイプのキャットフードを使って、猫ちゃんの食欲増進できるようなキャットフードを手作りしてみませんか?普段使っているウェットタイプのキャットフードにトッピングするだけでできてしまう簡単なレシピです。

 

一番簡単なのは、猫が大好きなかつおぶしをウェットタイプのキャットフードにトッピングしてあげるレシピです。猫といったら魚が大好きですよね。その中でもかつおぶしは大好物。

 

かつおのいい香りで、猫の食欲もより一層増進するでしょう!少量ふりかけるだけでも食いつきが違ってきます。

 

終わりに…

 

いかがでしたか?

 

ウェットタイプのキャットフードをちょっとアレンジしてみるだけで、猫ちゃんにとって全く新しい餌となります。キャットフードはちょっとひと手間加えるだけでも風味が変わって、おいしさアップするのですね。ぜひおうちで試してみてくださいね!